管理は要注意


エアブラシをよく使う私。塗料を吹き付けては次の色と日にかなりな数を吹き付ける事もある訳です。そんな際に市販のツールウォッシャ―だと割り高なので10年以上前から一斗缶で洗浄シンナーを買ってます。この数年は仕事関係で頻度は増えて年に2~3缶は購入しています。
再生シンナーなのでもちろん塗料には使えません。洗浄だけなのでガンガン吹き付けてドバドバ使えます。
しかし落とし穴もある訳で、洗浄してすぐにエアブラシを使う事は避けてます。だって中に残ってますから塗料に影響が。などで次々と使う場合は塗料用のシンナーをカップに入れて2~3回吹き出します。まぁ、普通に塗装する際ももちろん皆さん1回はからシンナー吹きはやってることだとは思いますが、それが数回増えるってことです。

一斗缶で管理する場合、昨今の夏場の猛暑はとても危険です。シンナーは気化しますので缶内で揮発したガスが溜まります。私は管理する場所もあり、暗所で気温も室温よりは低いです。しかし、週一で蓋を開けます。小分けにして管理するのが一番かと思います。

また模型用より強いです。エアブラシのOリングなどは傷みが早いです。特にオリンポスとか画材系を使うのであれば過去後が必要。私は適度なメーカーメンテナンスで保ってます。まぁ、最近は模型用エアブラシも安いですからねぇ買い替えでもいいかも(笑)

一斗缶で購入するのは安いです、しかしその分管理と言う業務も背負います。面倒くさいと思うモデラーは高いと思っても模型メーカーのブラシクリーナーを買うのがいいんじゃないかなぁ