バンダイ社製1/72ミレニアムファルコンはとても良くできたキットでキャベツ太郎さんの命が入ってます!(^^)!
そんなファルコンは1/72とは言えデカいです。デカい故に塗装しがいもあります。
そしてすべての色を塗装で賄うとマスキングはとても大変です。
でもやりがいはあって各色を塗装して剥がした時の至福は成し遂げた人しか分からんです。

下部の弾痕跡は再現されていないのでディテールを入れるとよりプロップに近づける。

デカールを200枚以上、フィニッシャーズのつや消しクリアー(艶消し特有のボツボツがほぼ無いのであとの汚しにとても良い)で一旦保護したらフィルタリングで色を落ち着かせる。プロップは実はそんなに汚れが強くないのでほどほどに。よく真っ黒になファルコンを見ますがあればフィルもを通して見た見解。そこからの雨だれ再現は面相筆や色鉛筆やクーピーペンシルなどを使います。
作品自体は手元に無いので何時の日か真面目に作りたいですなぁ。